使い方ガイド

家族で自転車旅行に出るための荷造り

たとえば、家族の自転車旅行にぴったりの場所を見つけたとします。旅程の一番大変なところはあなたに委ねられています。家族の装備品をリスト化してすぐに荷造りを始めましょう。

ヘルメット、雨具、シューズはもちろんですが、さらにたくさんの服やお子様が使わないであろうものを詰め込んでしまう傾向があります。実際のところ、1週間の旅行でも家族との1泊旅行であっても、持って行くカバンの数は変わらないというケースがよくあります。そこで私たちは、荷造りのリストをスリム化し、ご家族に合ったチェックリスト (これが一番大事です) を作るお手伝いをします。


ダッフルバッグで必需品を管理する

自転車の旅にヘルメットやライディングギアを忘れてしまうことは、文字通り、急な坂を転がり落ちるようなものです。常に基本に立ち返り、専用の外出用ダッフルバッグを用意して、すべての必需品ギアを詰めておきましょう。服や靴、お子様の遊び道具などは、スーツケースやリュックサックなどのその他のカバンに分けて入れましょう。素晴らしい自転車の旅は必需品なしでは成立しません。Thule Chasm のような丈夫で十分な容量のあるダッフルバッグを選び、すべての必需品を入れておきましょう。


お子様には最高のライドを

お子様にとって、一緒にライドに参加することは楽しい時間であり、保護者にとってもお子様の安全性、快適性、そして新たな場所でライドを共有することは幸せな時間となります。マルチスポーツ・バイクトレーラー Thule Chariot Cross は、幼いお子様を持つ家族が自転車で休暇を楽しむ用途に最適です。

ご家族と一緒に出かけるとき、リストに載っているすべてのスポットを探索するには、自転車で長距離を移動する必要があります。お子様を乗せたままですべてのスポットを見て回るには、サイクルトレーラーが最適です。広いコックポットで楽しさと快適さを保ちつつ、窓やお菓子入れも備えており、かつ安全面には万全の対策を施しています。

しかし何よりも、ランチを食べに行ったり、自転車を駐めて散策したりするときでも、Thule Chariot があれば、自転車をトレーラーからベビーカーへと便利に変形させられ、どんな場面でもご家族と楽しい時間を過ごすことができます。


カーゴボックスに荷造りをする。

車でのドライブにも課題はあります。荷物を詰め込んだカバンを車内に持ち込むことで車内のスペースが圧迫され、お子様が窮屈な思いをするかもしれません。収納容量がたっぷりあるカーゴボックスをルーフラックに装着することで、目的地までのドライブとバックシートを簡単に快適なものへと改善できます。

カーゴボックスのサイズやモデルは、ご利用の車両や荷物のサイズ、価格帯に合わせられるように幅広くご用意しています。車内のスペースに少し余裕を持たせて、空気力学を反映したタイリッシュなデザインのカーゴボックスに大きな荷物を載せてみてはいかがでしょうか?


自転車がなくては始まりません!

荷造りリストの最後のステップは、最も重要で、これなしには旅行が成立しないものです。自転車は言うまでもなく重要ですが、トランクにサイクルラックを装着する前に、ガイド最適なサイクルラックの選び方に目を通してください。

ヒッチ装着型のサイクルラックはトランクの開閉時にも邪魔になりません。プラットフォーム ラックは、車輪をしっかりと固定するため、積み下ろしが簡単で、あなたやご家族にも最適な選択肢となるはずです。

往復の道のりで自転車を安全に運べることが保証されていれば、自転車旅行の目的地がどんなに遠く離れた場所であっても安心して運転できるため、最高の旅行にできるでしょう。


関連記事

Cycling

サイクリング

準備を整え、サイクルに乗って冒険へ
Multisport trailers

多機能スポーツトレーラー

Thuleの多機能スポーツトレーラーなら、どの季節でも、どこへ行くときも、親子で趣味を楽しめる。