Skip to main content

ガイド - サイクルラック

自分にぴったりのサイクルラックを見つけるコツ


お使いのクルマ、サイクルの台数やスタイルに適したサイクルラックを選ぶためのガイドです。

サイクルを車に積んで運ぶ方法はさまざまです。新しいサイクルラックを購入する前に、各ラックモデルの機能や利点、スタイルやクルマごとの積載可能重量や制限を知っておくことが重要です。ほとんどのサイクリストがサイクルラックに求める機能は、使いやすくて便利であること、そして同時に、サイクルを安全に保護して目的地に着いたらすぐに下ろして乗れることです。  

 

サイクルラックのスタイルとクルマ

サイクルラックを選ぶときにまず確認すべきことは、持っているクルマの車種と、運びたいサイクルの台数です。

サイクルラックには多様なスタイルがあり、取り付け場所も、カールーフ、トウバー、トランク、ピックアップトラックの荷台とさまざまです。クルマの種類によって、選べるサイクルラックが異なります。Thule購入ガイドをご確認いただき、愛車に合ったサイクルラックを見つけてください。利用できるラックがわかったら、搬送するサイクルの台数に応じてスタイルを絞り込むことができます。

 

ニーズに合ったサイクルラックを選ぶには

サイクルの積載台数が決まったら、次は運び方を考えましょう。これには4つの選択肢があります。

  • ルーフトップ型サイクルラック

2種類のリア搬送スタイル

  • トウバーマウント型サイクルキャリア
  • リアマウント型自転車キャリア

この分類は、クルマへの取り付け位置や取り付け方法の違いによるものです。それぞれに次のような特徴やメリットがあります。

 

ルーフトップ型サイクルラックをおすすめする理由

ルーフトップマウント型のサイクルラックは、トランクの開閉を制限せずに1台ずつサイクルを運ぶことができ、また、ほぼすべてのサイズのホイールに対応しています。最も人気のThule ThruRideをはじめとするフォーク固定式のサイクルラックは、フォークを装着ポイントとし、ドロップアウトまたはスルーアクスルを固定します。Thule UpRideなどのアップライト式のルーフトップ型サイクルラックは、前輪を外さずに装着できて使いやすく、積み下ろしも楽々です。フォーク固定式またはアップライト式のルーフトップ型サイクルラックには、クルマの購入時から装備されているクロスバーまたは市販のクロスバーが必要であり、セダンや積載位置が低めの小型SUV、トウバーが搭載されていない車種に最適です。


ルーフトップ型サイクルラックはこんな方におすすめ

  • ルーフラックはあるが、トウバーはなく、取り付ける予定もないという方
  • カールーフの高さが低めのクルマをお使いの方
  • クルマ後部へのアクセスや開閉が必要な方
  • 収納スペースが限られているという方

リアマウント型サイクルラックをおすすめする理由

トウバーマウント型サイクルラック:

トウバーマウント型サイクルラックは最も一般的な形式のサイクルキャリアで、トウバーの付いているクルマをお持ちの方やトウバー導入をご予定の方に最適です。サイクルラックには1台から4台のサイクルを積載でき、取り付けも簡単で、重い物の持ち上げが少なくて済み、また、高く上げる必要もありません。トウバーマウント型サイクルラックには次の2種類があります。サイクルを3台まで乗せることができるプラットフォームトウバーラックは積み下ろしも楽々で、不使用時にはたたんで立てられ、さまざまなフレーム形状のサイクルに対応。このスタイルで特におすすめなのはThule EasyFold XT 3。折りたたみ可能でコンパクトで使い方も簡単。どんなサイクルにも対応できるトウバーマウント型サイクルラックです。Thule HangOnをはじめとする吊り下げ式のトウバーラックにはサイクルを4台まで乗せることができ、トップチューブでサイクルを固定します。可倒式で使いやすいサイクルラックです。

 

トウバーマウント型サイクルラックはこんな方におすすめ

  • クルマにトウバーが装着されている
  • 複数のサイクルを搬送したい方
  • サイクルの積み下ろしを楽に行いたい方
  • フレームの形状が異なる複数台のサイクルをお持ちの方
  • 特に安全にサイクルを運びたい方

トランクマウント型サイクルラック:

トランクマウント型サイクルラックは、ルーフラックやトウバーが付いていないクルマに最適です。このタイプのラックは1台から3台のサイクルを積載でき、折りたたみ式で、使わないときは手軽に収納可能。たまにサイクリングを楽しむ方やガレージや自宅の収納スペースが限られている方におすすめです。たとえばThule Raceway Proは3台用のトランクマウント型サイクルラック。ロック機能と強化スチール製ケーブルでセキュリティ面も万全です。

 

リアマウント型サイクルラックはこんなお方におすすめ

  • ラックシステムもトウバーも付いておらず、取り付ける予定もない方
  • それほど頻繁に乗らないという方
  • できるだけ安く済ませたいという方
  • 収納スペースが限られているという方
 

今度のサイクリングには、どんなクルマで何台のサイクルを積んでお出かけしますか? あらゆる状況に対応できる、バラエティ豊かなスタイルのサイクルラックを揃えました。サイクルラックを選ぶときに、お使いのクルマとニーズにぴったりのモデルを見つけるコツは、いろいろなオプションを検討することです。そのためにぜひ、インタラクティブ形式のThule購入ガイドをご活用ください。順番に質問に答えていくだけで、お使いのクルマ、サイクル、積み込む台数にぴったりのサイクルラックが見つかります。

 

関連記事

Thuleのベースキャリアは何に使うのですか?

Thuleルーフラックがあれば、持っていきたいものをすべて携えて、安心して冒険へと旅立てます。

サイクリング

準備を整え、サイクルに乗って冒険へ