Skip to main content

ガイド - ハイキング用バックパック

ハイキング用ザックとバックパックの選び方


自分自身と冒険の内容に併せたベストフィットなバックパックの選び方。

午後のちょっとしたハイキングでも、1週間かけてバックカントリーを巡るトレッキングでも、冒険に合った適切なパックを選ぶことが重要です。ニーズに応え、体にフィットするパックが見つかれば、ハイキングやトレッキングはもっともっと楽しくなります。

まずは、お出かけの期間と持っていく荷物の量を具体的にイメージしつつ、ご自身の体型をしっかり把握する必要があります。パック購入時の大きな悩みの種が、自分の体型に合ったパック探しです。ぴったりのパックが見つかるように、以下のガイドをご活用ください。


必要なバックパックはどのサイズでしょう?

必要なバックパックのサイズは3つの要素で決まります。トレッキングの長さ、場所や環境、そして季節や想定される気候。これら3つの要素をもとに必要な持ち物の種類と量を計画し、それを入れるバックパックのサイズを決めましょう。

日帰りハイキング用バックパック(25L未満)

2~3時間のトレッキングに通常必要なのは、水、予期せぬ天候に備えた衣類1~2点、食べ物、トレッキングポールです。

Thule Stir(18L、20L)

  • 軽量かつ無駄をそぎ落としたデザインで、荷造りや荷解きが簡単

Thule AllTrail(15L)

  • 軽量でコンパクト、すべてのギアをすっきり収納

Thule Capstone(22L)

  • メッシュ背面パネルとカスタマイズ可能なヒップベルトで、長めの日帰りハイキングに最適なバックパック
  • 男性用と女性用のモデルをご用意
 

1泊のハイキングに適したバックパッキングパック(1泊向きの25~35 L)

1泊のハイキングに出かけるときも、あれこれ持っていく必要はありません。荷物を軽くすれば、キャンプ地からのハイキングはもっと楽しくなります。長めの日帰りハイキングでも活躍するバックパックです。

Thule Stir(25 L、35 L)

  • いろいろな荷物を簡単に出し入れできるポケットが付いた軽量バックパック

Thule AllTrail(25 L、35 L)

  • 通年でさまざまなアクティビティに使える、万能バックパック
  • 男性用と女性用のモデルをご用意

Thule Capstone(32 L)

  • 調節可能なサスペンションとメッシュの背面パネルにより高い通気性としっかりとしたフィット感を両立
  • 男性用と女性用のモデルをご用意
 

ハイキングと2泊以上の旅行向きのバックパック(2~4日分を収容可能な容量40~50 L)

長期間の旅行では、キャンプ用品だけでなく食料、調理用燃料、着替えをもっと詰め込める大容量のバックパックが必要になります。

Thule AllTrail(45 L)

  • 背面長の調整機能と、通気性に優れたショルダーストラップおよびヒップベルトパッドで快適な背負いごこちを実現
  • 男性用と女性用のモデルをご用意

Thule Capstone(40 L、50 L)

  • 調節可能なサスペンションとメッシュの背面パネルにより高い通気性としっかりとしたフィット感を両立
  • 男性用と女性用のモデルをご用意

Thule Versant(50 L)

  • フィット調整機構も収納機能も犠牲にすることなく軽量化を実現
  • 男性用と女性用のモデルをご用意
 

長期のトレッキングでも安心のバックパッキングパック(容量60~75 Lで5日分以上を収容可能)

長期間のトレッキングだけでなく、小さなお子様とご家族でお出かけになる際や、普段よりも多くの防寒用装備が必要になる冬の小旅行にも最適な大型パックです。

Thule Versant(60 L、70 L)

  • フィット調整機構も収納機能も犠牲にすることなく軽量化を実現
  • 男性用と女性用のモデルをご用意

Thule Guidepost(65 L、75 L)

  • 重い荷物の負担を軽減するピボット機構のヒップベルトを採用した機能豊富なギアハウラー
  • 男性用と女性用のモデルをご用意


自分の体にぴったり合うパックの選び方は?

荷物の量を問わず、パックが体に正しくフィットしていなければ快適なトレッキングはできません。体に合った正しいサイズのパックを選ぶときに重要となる測定値は2つ、背面長とヒップサイズです。

背面長

注意点としてもっとも重要なのは、あなたの身長ではなく背面長です。長すぎる、または短すぎるバックパックは正しく重量が分散されず、快適性が低下したり、熱がこもったりするからです。背面長を測定するには、頭を前に傾けて第七頚椎(首の根元と肩が交差する所にあるいちばん出っ張った骨)から背骨に沿って腰骨の上端(腸骨稜)に相当する位置までの長さを測ります。

ヒップサイズ

バックパックの荷重の80%は肩ではなく腰で支えるので、正しいサイズのヒップベルトを選ぶことが重要です。ヒップサイズは、柔らかいテープをウエストではなく腰の最も高い位置に巻いて測ります。測定値はベルトラインよりわずかに大きな数値になるので、通常、ヒップベルトのサイズはズボンのウエストサイズと異なります。


Thuleのバックパックの大半は背面長とヒップベルトを調整可能ですが、サイズが固定のモデルもあるので、サイズ早見表で寸法を確認し、ご自身の体のサイズや体型に合ったパックを特定するための情報を得ることが重要です。

女性用のバックパックを選ぶときにはどんな事に注意すればいいですか?


Thuleバックパックコレクションの多くで女性用モデルのご用意があります。一般的に女性用モデルのバックパックは、男性用のものよりも幅や高さが抑えられています。また、ヒップベルトとショルダーストラップの形状も女性の体型を意識したデザインになっています。女性用モデルのバックパッキングパックは、小柄な男性や、男女を問わず年少のバックパッカーの方にも快適にご利用いただける可能性があります。


バックパックを選ぶときにチェックすべき重要な機能には、どのようなものがありますか?


  • 風通し - Thuleのバックパックにはサスペンション・システムを搭載したものがあり、そのようなモデルでは背中とバックパックの間に空間ができます。これにより秀逸な通気性が確保され、涼しく蒸れずにハイキングを楽しめます。

  • 出し入れのしやすさ - Thuleのバックパックは、さまざまなタイプの収納スペースを備えており、手早く荷物を出し入れできるように工夫されています。いちばん小型のモデルには上部しか開口部がありませんが、1泊以上の冒険向けにデザインされた大型のモデルには複数の開口部があります。上部と下部をジッパーで開閉できるようになっているモデルや、ジッパーでパネルを完全に取り外してパックに荷物を出し入れできるモデルなどがあります。

  • 取り外し可能な雨蓋 - Thuleのバックパックの中には、取り外した雨蓋を、ちょっとした日帰りハイキング用のスリングパックや小型デイパックとして使用できるものもあります。

  • ハイドレーション対応 - Thuleのハイキング用バックパックとバックパッキングパックの大半には、伸縮素材のドリンクボトル用サイドポケットだけでなく、ハイドレーションリザーバーを入れるためのリザーバー・スリーブが付いています。

  • 寝袋用コンパートメント - Thuleのバックパックには、バッグ底部に寝袋を保管するための独立したコンパートメントを備えたモデルがあり、湿気や他の荷物による損傷から寝袋を守れます。

  • バックパック用レインカバー - 天候の変化は予想がつきませんが、荷物は濡らしたくないもの。Thuleのバックパックには、あっという間にバックパック上に展開できる一体型のレインカバーが付いているモデルもあります。レインカバーが付属しないモデルについては、別売りアクセサリーとして、側面か前面のポケットに収納してすぐに取り出せるThuleレインカバーをご購入いただけます。
 


ハイキングやバックパック旅行はアウトドアを満喫するには格別の手段です。そして、使用するバックパックが身体や目的に合っていることが重要な鍵となります。このガイドで紹介したすべての要素をじっくり検討し、ご自分にぴったりの製品をお選びください。Thuleのハイキング用バックパックやバックパック旅行用パックについてのご質問は、お気軽にこちらのThuleカスタマーサービスチームにお問い合わせください。

 

 

関連記事

ハイキング

自宅の庭でも、世界の反対側でも、ハイキングを楽しもう。 

ハイキング用バックパック

快適な日帰りトレッキングや短めの1泊旅行に最適なデザインを追求した、Thuleのハイキング用バックパック。