使い方ガイド

MTB で冒険に出るための必需品チェックリスト

マウンテンバイクは、運動と自然界の探索を完璧に融合させた活動と言えるでしょう。初心者のライダーにも、経験豊富なベテランライダーにも、マウンテンバイク独特の自由さと発見を与えてくれます。しかし、この自由には、ライドで生じ得るさまざまな課題に備えておく責任があります。バイキング トレイルを存分に楽しむためにも必需品リストを是非チェックしてください。

チェックリスト - マウンテンバイクのトレイルに持って行く物


1. 自転車
マウンテンバイクが自分に合っていることと、最近メンテナンスがされていることを確認し、トレイルでメカニカルな問題が発生する可能性を最小限に抑えてください。

2. サイクルラック
お気に入りのトレイルの近くに住んでいる方もいるかもしれませんが、ほとんどの人は車でトレイルの起点まで行かなければなりません。良いサイクルラックがあれば、この行程がもっと簡単になります。さまざまなスタイルの Thule サイクルラック をご覧になって、あなたの車や自転車にぴったりの1台を見つけてください。または、最適なサイクルラックの選び方 ガイドをご参照ください。もう泥だらけの自転車をリアゲートに載せる必要はありません。

3. サイズの合ったヘルメットを装着しましょう
安全性と快適性を兼ね備えた高品質のヘルメットを身につけることで、ライディングに必要な自信を与えてくれます。

4. ハイドレーションパック
品質の良いパックを使うことで、水分補給だけでなく、このリストに記載した必須アイテムのほとんどを簡単に運ぶことができます。 Thule ハイドレーションパックのラインアップからあなたにぴったりのハイドレーションパックをみつけてください。

5. チューブのスペア
チューブレスタイヤを使っている場合でも、予備のチューブをいくつか携行することはとても重要です。 トレイルの起点となる駐車場やライドの途中など、パンクは様々なタイミングで発生します。チューブがご利用のタイヤのサイズに合っていることを確認してください。

6. タイヤレバー
タイヤレバーが内蔵されているマルチツールを使用することもできますが、単体のタイヤレバーを使った方が、リムからタイヤを着脱するプロセスがかなり楽になります。

7. 空気ポンプ、またはCO2ボンベとインフレーター
CO2ボンベとインフレーターはコンパクトなため、サドルバッグの容量を節約できますが、新品のチューブに空気を入れる最も安定した方法は、良質な空気ポンプを使うことです。

8. マルチツール
しっかりとしたマルチツールは必需品です。大抵の小型ツールには、マイナス/プラスドライバー、T25トルクス レンチと様々なサイズの六角レンチが搭載されています。

9. 電話
最近では、どこへ行くにもスマートフォンを持ち歩きますが、これはマウンテンバイクも例外ではありません。もちろん、緊急時に自宅に連絡することもできますが、GPS をナビに使ったり、数多くある MTB アプリのいずれかを使ってルートを計画したりするには、携帯電話も便利です。

10. 雨具
予報よりも早くタイミングで雨が降ってくることもあるため、折りたたみ可能なレインジャケットをハイドレーションパックに入れておくといいでしょう。

11. 日焼け止めと虫除け
ライディングの環境に合わせた準備をしておきましょう。乾燥して日差しの強いトレイルになりそう名場合は、日焼け止めとリップクリームを携行しましょう。森林地帯でライディングを予定しているのであれば、車のトランクに虫除けを入れておきましょう。

12. 栄養補給
すべてのライドに必須というわけではありませんが、長期のセッションを計画しているのであれば、ハイドレーションパックに何か栄養補給できるものを入れておくとよいでしょう。必要に応じていつでも補給できるようにしておきましょう。

13. ギアバッグ
ギアバッグは、前述のアイテムのすべてを整理して格納できるため、トレイルの起点で準備する手間が大きく省けます。また、汗や泥で汚れたアイテムを格納できるため、ライド後のクールダウンを改善してくれます。Thule RoundTrip Bike Duffelには、専用コンパートメントが搭載されているため、いつでもライドに出ることができます。


関連記事

Mountain biking

マウンテンバイク

街を飛び出し、サイクルに乗ってどこへでも
Mountain biking for beginners - 5 tips to get started

初心者向け、マウンテンバイクを始めるための 5 つのヒント

マウンテンバイクに興味がありますか?安心してライドを楽しめるよう、MTB のコツを確認しましょう。