Pedro Oliva's Dream Adventure
ストーリー

ペドロ・オリバの理想の冒険

ホワイトカヤック冒険家、ペドロ・オリバが、お気に入りのウォーター アドベンチャーを紹介してくれました。

長年旅をして、それまで知らなかった活気に満ちた文化や環境を知ることで、僕は幸運にもたくさんの素晴らしい体験をできたと思ってる。

特に水上の冒険は格別だね。僕にとって、水は活気を与えてくれる要素なんだ。海水に浸かったり、カヤックに乗って滝下りをしたり、ボードに乗ってサーフィンをしたり、風を乗りこなすカイトサーファーを眺めたりすることは、たまらなく魅力的で、絶対的な安らぎを与えてくれる瞬間だよ。

こうした場所に機材を運んで、波打ち際で準備して、水上に繰り出すことは、一種のセラピーだって言えるだろうね。自然とのつながりを感じられるんだ。

僕のお気に入りの冒険を3つ紹介するよ。パプアニューギニア、南極大陸、そしてインドさ。


パプアニューギニア

一番大変だった冒険は、パプアニューギニアのベリマン川だね。少人数のカヤッカーで、高さ1000メートルを超える切り立った峡谷を探検したんだ。おそらく人生で最も危険で、向こう見ずな体験だったと思う。

パプアニューギニアに到着した後は、準備に何日もかけたんだ。今までで一番過酷な冒険になることがわかってたからね。メンバーは僕とベン・ ストークスベリー、クリス・コルブリック、ベン・マーさ。僕らは地球上で最も人里離れた場所のひとつであるベリマン川を歴史上はじめてカヤックで下ったんだ。

Pedro Oliva's Dream Adventure

何が起こるか予測もできない峡谷で、1000メートル超の高さに13日間も足止めを食らったんだ。いくつもの急流や滝を下りながら、「ここで命を落とすことになるかもしれない」って思いが常に頭の片隅にあった。

こんな極限状態の中で生き延びるには、並外れた注意力と労力が必要で、僕たちは心身ともに疲弊しきっていた。その上足が細菌性の感染症にかかって、足の皮膚全体がひどく痛かったよ。そこでは科学がまだ発見していない動物たちや、完全に孤立して生活している地域の人たちに出会うこともできた。何度も死にそうな目に遭って、自分の内面にある恐怖と向き合うことになった。そしてその背景にはいつだって息を呑むような絶景があったんだ。


南極大陸

南極はとても思い出深い場所だよ。ぞくぞくするような海洋生物とか巨大な氷河とかね。氷山から氷山へとカヤックでジャンプしたり、巨大で人懐っこいクジラと一緒に海面を滑ったりと、この探検は夢のような体験だったね。

Pedro Oliva's Dream Adventure

南アメリカ大陸と南極大陸を隔てるドレーク海峡では、縦断に10日間もかかったんだ。45日間滞在して、たくさんの冒険ができた。カヤックで滝下りをしたり、海を渡ったり、氷の大陸を歩いたり、いろんな観測基地を訪れたり、巨大な氷山を滑り降りたりね。

南極大陸は地球上で最も魅力的な場所だね。自然の広大さと強さを前にすると、人間がちっぽけな存在だって思い知らされるし、同時に地球上のあらゆる現象に対して尊敬と称賛の念を抱かせてもくれる。

Pedro Oliva's Dream Adventure

インド

もし、水上の冒険の中からどれかかを選ばなければならないとしたら、インドを選ぶね。

地球の中心に位置するインドは、素晴らしいエネルギーを持ち、知る限りでは一番友好的な社会のひとつだと思う。僕は愛情を込めて「世界の中心」と呼んでるんだ。

僕たちはインド国内を車で7000km以上を旅してまわって、インドを象徴する聖地の数々を訪れた後で、中国との国境にある川を下る壮大な冒険に乗り出したんだ。この旅では、冒険、文化、そして精神性が混在していたよ。賑やかで活気に満ちたニューデリーの街に到着してから、タージ・マハルや様々なインドの聖地を訪れつつも、僕は少しずつガンジス川との親密な関係を築き上げていったんだ。

Pedro Oliva's Dream Adventure

スピリチュアルな雰囲気、お香の香り、そしてインドの象徴である巨大なガンジス川との触れ合いは、僕に信じる心と希望をもたらしてくれた。厳しい条件のもとでひどく汚染された場所であっても、笑顔があふれ、浄化が可能であり、より良い世界に向けた希望があることを実感したんだ。

インドと中国の国境では、青々とした森に囲まれた氷のように澄んだきれいな川を下っていった。中国的な特徴を兼ね備えたインドの人たちとの出会いはとても魅力的で、なんて素晴らしい文化の融合なんだって思ったね。息を呑むような山々を越え、険しい川を難なく漕ぎ進めていった。あの川を下ることができて、本当に良かったって思う。カヤックに乗っている間は、ほとんど何も口にできない日もあったけど、ものすごく心の平穏を感じられたんだ。人里離れた山の中で質素な生活をしている人々の小さな家屋の近くでキャンプをすると、とても充実した気持ちになったよ。

Pedro Oliva's Dream Adventure

もっと見る
Paddle & Surf

冒険は水際から

池、湖、海のどこへ行くにも、SUP、サーフボード、またはカヤックを持って出かけましょう!
Kayaking for beginners

カヤック(初めての方向け)

Thuleが提供するヒントとコツを活用して、水上へと繰り出しましょう!
How to Paddle Board - SUP Tips for Beginners

初心者向け、パドルボードSUPのコツ

スタンドアップ パドルボードのコツを知って、水上に繰り出しましょう!