Skip to main content

ガイド - ルーフトップテント

ルーフトップテントの購入をおすすめする理由 


ルーフトップテントとは何ですか?どうして必要なのですか?

ルーフトップテントは、キャンプ体験を一層の高みへと導いてくれる製品です。クルマのラックシステムに取り付けるタイプのテントで、地面に設置するタイプのテントや、RV、キャンピングカーの代わりに使えます。一般車、SUV、クロスオーバー車、ワゴン車、ピックアップトラック、バン、トレーラーなど、どんなクルマも可動式のベースキャンプに早変わりさせることができ、いつでも冒険に出発できます。ルーフトップテントの魅力は格別な眺めと快適なマットレスだけではありません。ソロキャンプでも友人や家族とのキャンプでもたくさんのメリットがあります。


従来型の地面に設置するテントと比べて、ルーフトップテントの良いところは何ですか?

地面に直接触れない:高い位置に設営し、しかも防水のThule Tepuiキャンバスを使用しているので、どんな天気でも濡れずに快適。また、ルーフトップテントは野生動物から身を守る役にも立ち、泥も入りにくく、地面より高い場所ならではの眺めも楽しめます。

すばやく簡単に設営:ルーフトップテントでは、キャンプ設営は簡単。良い場所を見つけてクルマを停め、テントを広げるだけです。畳んで広げるタイプのテントなら、わずか数分ですばやく設営して、あとはゆっくり眺めを楽しむことができるのです。

ずっと快適:低反発クッションマットレス内蔵なので、寝るときに凹凸を感じません。風通しも良く、荷物の収納場所もあります。ルーフトップテントは、どんな場所での冒険でも快適な夜の眠りをお約束します。

ルーフトップテントはどのように使うのでしょうか?

お気に入りのキャンプ地へ出かけてルーフトップテントを開き、ラダーを下ろしてテントに上るだけ。Thuleルーフトップテントは多くのクルマのラックシステムに対応しており、取り付け金具でしっかり楽々装着できます。クルマに取り付けたまま移動もでき、シーズンオフには簡単に取り外せます。  

ベースキャリアシステムやトラックラックシステムが付いていなくてもご心配なく。購入ガイドであなたに最適のシステムを見つけてください。または、カスタマーサービスチームにこちらからお問い合わせください。


ハードシェルルーフトップテントとソフトシェルルーフトップテントの違いは何ですか?

ハードシェルルーフトップテントにもソフトシェルルーフトップテントにもたくさんの長所があります。どちらを選べばよいかは、宿泊する人数、荷物の量、キャンプのスタイルなど、さまざまな要素で決まります。  

ソフトシェルテントは最も一般的なルーフトップテントです。半分に折り畳みまれており、広げると同時にテントのキャノピーが広がってスムーズに設営できます。テントの半分はクルマのベースキャリアに取り付け、もう半分は伸縮式ラダーをテントから地面まで伸ばして支持します。片付けも簡単です。テントを畳み、ラダーを折り曲げて、耐水性のトラベルカバーを掛け直します。ソフトシェルテントの人気の理由は種類が豊富であること。気象条件の違いに合わせられるだけでなく、サイズも2人用、3人用、4人用から選べます。Thule Tepui Autanaなどの一部のソフトシェルテントには、テント下にアネックスが付いているので、プライベートな空間で冒険の支度ができます。

Thule Tepui Autana(下)


ハードシェルテントは、ラッチをリリースするだけで簡単に広げることができます。設営も片付けもすばやくできるので、オーバーランディングやオフロードレースで一般的な短時間のキャンプに最適です。このスタイルのテントはソフトシェルテントと異なり、クルマの上のスペースだけを利用し横に張り出さないので、車高が高くてもキャンプ地が狭くても大丈夫。ハードシェルテントは2人まで収容可能。Thule Tepui Hyboxなど一部の製品では荷物を運搬するカーゴボックスとしても使えます。

Thule Tepui Hybox(下)


Thule Tepuiルーフトップテントの重量は45 kgから100 kg。お選びいただけるテントのモデルは、クルマのベースキャリアシステムの最大積載量によって決まります。Thuleをはじめとする市販のラックシステムの多くは、一般的な製造時装備のベースキャリアよりも動荷重積載量の上限が高くなっています。ルーフトップテントの運搬にはピックアップトラックベッド用のラックシステムも人気です。お使いのラックシステムやクルマの仕様についてはメーカーにお問い合わせください。

おすすめのルーフトップテントはどれですか?

専用品として設計されたThule Tepuiルーフトップテントは、上質な素材を使い、さまざまな環境での使用を想定して作られています。宿泊人数とキャンプ地の環境に応じて、2つのシリーズから目的に合ったテントをお選びいただけます。


Thule Tepui HyBoxハードシェルテント:場所を見つけて広げるだけ。すばやく簡単に設営できるハードシェルテントです。多めの荷物を運べるスペースもあります。
  • カーゴキャリアからルーフトップテントに変換できる柔軟なデザイン
  • テント内の温度管理に役立つ、強化断熱素材の裏地

収容人数:最大2人/180 kg


Thule Tepui Explorerシリーズ:四季を通じて自由をお届け。いつでもどこでも誰とでもアウトドアを楽しめるソフトシェルテントです。2人用、3人用、4人用があります。
  • コーティングを施した厚手のリップストップ地のキャノピーがあらゆる環境や季節に対応
  • ギアやキャンプ用品を収納できる4つの大きな内ポケット

収容人数:最大4人/290 kg


ご覧のように、ルーフトップテントにはたくさんの利点があり、ニーズに合わせてお選びいただけます。ご希望のテントが見つかったら、迷うのは最初のキャンプ地をどこにするか。これが最大の難問かもしれません。

 

関連記事

Thuleのベースキャリアは何に使うのですか?

Thuleルーフラックがあれば、持っていきたいものをすべて携えて、安心して冒険へと旅立てます。

ルーフトップテント

ルーフトップテントで冒険はさらにレベルアップ。きわめて耐久性が高く防水設計なため、悪天候にも対応します。