信頼の品質

If you visit Thule Test Center™, you might get the idea that we don't like our products. You'd see the look of satisfaction on the engineer who straps twice the recommended maximum weight onto a towbar-mounted bike carrier and pushes the button to simulate it going twice around the world. Or the cheerful smile of the technician who enjoys testing roof racks with extreme heat, cold, UV-radiation, damp and, just for good measure, some pretty nasty chemicals. Or the engineer who likes nothing better than loading a roof box fitted to a sled and then crashing it – that's over 100 crash tests in a year!
Thule Test Center™をご覧になると、一見、我々が自社製品を痛めつけて喜んでいるような印象を抱くかもしれません。エンジニアが満足げな笑みを浮かべながら、トウバーマウント型サイクルキャリアに推奨最大荷重の2倍の負荷を巻きつけ、地球を2周する走行距離のシミュレーション開始ボタンを押す姿。技術者がとても愉快そうに、ルーフラックへ極端な加熱、冷却、紫外線照射、湿気、危険な化学物質などを容赦なく浴びせる姿。あるいは、これが大好きでやめられないという顔をしたエンジニアが、そりの上に固定したルーフボックスに荷物を載せ、年に百回以上も衝突テストを繰り返す姿…。

何よりも安全性を重視
エンジニアの彼らは皆、実際にはThuleが一番大切にしていること ― ユーザーの皆様の安全、そして周囲の人々の安全を守るため、一生懸命に仕事をしているのです。一定の耐久性や品質を確認するのはもちろん大切ですが、私たちは、さらに踏み込んだ高いレベルの安全性を提供するために徹底的なラボテストを実施します。だから、私たちがThule Test Program™に盛り込んだ25項目の「Thuleスタンダード」は現行のISO規格をはるかに上回る厳しい内容になっています。

極限条件のテスト
製品はThule Test Center™の極限テストにかけられ、苛酷な試練に耐えたうえで初めてThuleロゴを獲得します。その内容には、砂漠の暑さや極地帯の寒さに対する耐性、耐水性、落下の衝撃に対する強度テストから、風洞テスト、張力テスト、耐衝撃性テストやクラッシュテストまで、あらゆる項目が含まれています。

全世界がThuleのテストラボ

もちろん、私たちは試作品を実際の使用環境にも投入して、いっそうの安全性、使い勝手、そして使う楽しさを実現する製品機能の効果を確かめています。だから、ユーザーのもとに届く製品は必ず皆様のお役に立つという自信を持っています。

製品の限界を試し、それ以上のテストを実施するのは、ユーザーの皆様にその心配をさせないためです。皆様の貴重な時間をムダにせず、アクティブライフを思う存分楽しんでいただきたいから、私たちは真剣にテストに取り組みます。笑顔の理由? それは…誇りです。

極限を追求するテスト

Thuleでは、通常の方法で製品のラボテストを行うだけでなく、一流のアスリートであるThule Crewたちを現実のさまざまな使用状況に赴かせ、実用性を検証しています。今日も明日も、Thule製品は現実世界の極限条件下で試され続けています。

そしてもちろん、Thuleはラボテストの厳しさも一流です。ケースに入れたスマートフォンを人の頭の高さから落としたり、ラフな路面の上でチャイルドキャリアを容赦なく引き回したり、サイクルキャリアを積載重量オーバーにして30 km/hの衝突テストにかけたりと、その徹底ぶりをYouTubeプレイリストにまとまめした。どうぞ実際の映像をご覧ください。 

さらに、テストスタッフが背負っているテクニカル・バックパックにもご注目ください。バックパック装着中の体温分布までが緻密にテストされています。

プレイリストはこちら >